右サイドのスペースに載せているコンテンツは
PC版からご覧いただけます。
げつれいつづり(2018/9-10)
毎月初旬に綴ろうとしているコーナーなのに、なんだかんだでもう月半ばが来てしまったじゃないかっ!!

落ち着いて文字を打つ…なんて時間が
ここのところ激減しているのは、巡り巡ってとてもありがたいことです。本当に。

でも今日はブログを綴る意気込み!!をこの画で感じていただきたい!!!

ガストにて、食事を済ませましたが
その時点で記事が終わらずデザートタイム突入です♪





そう、9月末のライブと10月頭のライブが台風接近で中止となってしまいました。
晴れ女にして、こんなの初めてでした。


台風にめげず頑張るぜって感じもカッコいいんですが、それ

…無事に終われば。の話です。

そうでなくても
体調が万全でない人々もおられるわけで、好きが故に無理をして参加されてるんですからね。
またの機会によろしくお願いします!!



9月に出演させていただいたMO:GLAでは、松本かつひろさんをはじめ櫻根武之さんや帝釈天アニーのみなさん
プロの方々に挟まれてのドキドキするライブでした。

素晴らしいと感じるアーティストさんとのお話は本当に毎回財産で、今回もそれらを胸の中に閉じ込めました!!

衣裳も新しく作って挑みました。




pesmi名義からは第5号なんですが、坊主になってからの衣裳としては第1号です。
1号から4号はギリシャのキトンをベースに作っていて、pesmiのトレードマークみたいにしていたんですが

坊主になってからこれを着ると、ビジュアルがタイ国のお坊さんにかなり寄ってしまい…
だからガラッと変えることにしました!これからは(打ち込みverの時は)アンドロイドを目指すのです。




打ち込み音源をライブで鳴らし、それに合わせて演じるというのは、やった人にしかわからない感覚があります。

その中のひとつ。

機械で正確に刻んでくれるものは時々、人が持つ気持ちの良いテンポ感に当てはまらない事が多々あります。だから過去は実践していて随所に違和感を感じていました。

ライブで感じるドキドキ感って、演ってる側も観てる側もどこからもらうのかって考えてみると、それは整ったものから伝わるものとは違って
息づかいとか鼓動とか心意気とか魂とかから創り出されるものなのかなぁと感じてて

その、生ならではで感じたい重要な要素が、(時として)正確なテンポや正解なチューニングによるサウンドたちよって掻き消されるのではなく、出来るだけ自分の気持ちの良いツボをちゃんと心得ておきたい。
ツールの便利なワンタッチ機能に頼らず、限りなく限りなく「自分の胸の内にあるもの」にブラッシュアップしなきゃ。 音が作る快感ってのは音程を除くと結局「間(ま)」なんですよね。んマっっ!!

…とかいいつつ悔しい事に、まだ昔のままの音源をネットにたくさん上げっぱなしですけどね。
でも、そういうことに気付いてない頃に調子に乗ってCDプレスとかしてなくて良かったです。笑




いつもなら「今後の今月のライブは…」となるはずなんですが、げつれいつづりが遅くなったため今回はちと違う。
先週末に無事終わりました。
Ark さんでは初めての打ち込みナシのアコースティックverのpesmiステージをさせていただきました。


初の鎖のセッティング。
〜君の心の部屋の地下5階に、そこの住人pesmiが君自身を誘う〜という。
Arkさんにはこのセッティングにご協力いただいて、大変お世話になりました!!!


興奮アリ刺激アリ、またたくさんのご縁をいただいた日で。
ライブ会場に特設マッサージルームを提供してくださっていたのが印象的でしたね〜!!!もちろんプロのマッサージ師さんが来られておりました。
自分は全く意識していなかった、左脚より右脚の方がかなり凝ってたことが判明しました。



ここんとこ舞台芸術鑑賞に行ける機会も幾日か作る事が出来て
そう、ついこの間はトップレベルのマーチングを大きな体育館で生まれて初めて生ライブで観ました!!
生はね、テレビで観てたのと比較出来ない。もぅうわぁああぁあってなりますね!!!
瞬きする暇が見つからないし、100人超えとか、もう見どころが多すぎて目が2つでは足りな過ぎます。
演出の素晴らしさって本当に語り尽くせない、無限にありすぎて。




11月から年末にかけて職場にまた繁忙期が訪れるので、コリほぐし系・ストレッチ系の器具を4つくらい買って今からもう準備万端。
疲れは出来るだけ溜めないようにしよう!!


posted by pesmi | 16:11 | 月例綴り | comments(0) | - |
pesmi Live Schedule 2018/10月(10/7イベント中止、10/13詳細決定のお知らせ)

10月のイベント出演です。




2018.10.7(日)に津山の古民家「倭文の郷」 にてPESMI&PICCIで出演を予定しておりました「バンブーミュージックフェスタ」は台風通過のため中止となりました。ご来場をご予定されていた方々には大変申し訳ございません。









2018.10.13(土)
静香企画「女子力アーティストの宴〜神奈月の舞〜」@Ark



17:30 open / 18:00 start

charge 2000 軽食付(ドリンク別途500)

[出演順予定]
夏凛/みひらき/ZOMI/craters/チアンナコルズ/pesmi/Coke Cocco


会場 岡山市北区番町1-14-29 スタジオK B1
Live Stage Ark [アクセス]


Ark恒例の女子力企画、また呼んでいただきありがとうございます♪



ぜひお越しくださいませ。
変更、詳細等決まり次第こちらのページを更新致します。
posted by pesmi | 10:30 | ★pesmi出没情報★ | comments(0) | - |
アカペラ界応援していますよ!!
いきなり余談ですが、昨日久々に染太郎をカゴから出してやりました。放鳥は月に数回、ひどい時は月1回なので信頼関係が保たれているかと毎回不安になるので、まずは羽繕いして染太郎のご機嫌をとるというのがパターン化している。
いやしかし昨日の染太郎…めちゃくちゃ可愛かった…んだけど撮ってはいないので絵で再現するとこんな感じでした!


私がうつ伏せで横になってるところにトコトコやってきて、ホッペのちょうど膨らんでるところに「ぴと」っと身体をくっつけて、そのままじーっとしている染太郎。そして、これをキープすべく動きたくない私はこのまま静かにしつつ心の中はかなりキュンキュンしています。





本題。まず、わたしはアカペラも昔から好きです。マンハッタントランスファー、ロッカペラ、リアルグループ…昔は完全に聴く方でしたが
最近気軽に参加できるご縁も出来、先日仕事の休みが合ったので久しぶりに月1のコミュニティに参加してきました!


音楽ひろば れんと での"アカペラナイト"


私が感じている魅力は、なんと言っても「人の声だけでやっちゃってる!」という事。


アカペラをやっている方々は「低迷している」と口を揃える。
低迷したとしてしまうのは、一度ブームがあって、そのブームが去ったからだ。
ブームのきっかけはハモネプという、一般人のアカペラでのバトルリーグのテレビ番組があったから。テレビでアカペラという世界をあれだけピックアップされたらそりゃブームになりますよ。むしろ異常だっただけです。アカペラが好きな人はハモネプ以前から、そして今も変わらず好きなはず。

ハモネプ出場のみを目標にしてた人たちは、ハモネプが終われば解散です。
しかしハモネプをキッカケにアカペラを知ることになり、心から魅了されて今も続けている人もいます。

ということはですよ、ハモネプ以前からはアカペラ人口は増加しているということになるんです!!

観始めは「声だけでスゴいなぁ」だけど、そのうまさやサウンドに人は慣れてきて、それがやがて「普通」になると、よっぽど個性が見出せない限りおもしろくなくなります。


どちらかというと、アカペラを続けてるプレイヤー側の人たちや、ボーカリストの方がその難しさを身にしみて知っているので、"観ている人"がほとんど"やっている人"となり、なんか催しでもあると同志たちが集まる傾向になってしまう。


もし、他の誰かを楽しませるためにやるのであれば上手いだけじゃダメなんです。上手いけどおもしろくない、一曲でもうわかった、もうお腹いっぱい、そんな言葉があります。


それはいろんなジャンルにも言えることだと思います。

さらに必要なのは、目や耳や心を惹きつけるもの、個性。
アカペラのイメージ。棒立ち、地味、スカしてる、表情が硬い。上手いでしょ?というのがなんか出てる。

動きながら歌うのは音程が狂うので難しい。だからやりません。というグループは、エンターテイメント性においての成長はありません。
動きながら歌う、これは楽器弾き語りと同じく、練習で出来ます。みんな訓練してるんです!!


必死で、揉みくちゃになって、捨て身になってる舞台芸術を観て欲しい。難しいことやってなくても人は、大きな動きや豊かな表情などを観て、それに感動するんです。

いま所属されているグループで、それぞれ「発足した1番の理由」や「このメンバーでやりたいこと」というのはあると思いますし、その軸は大切にして欲しいです。でないと発足した意味がわからなくなりますからね。


もしそこに、人を感動させたい!人を楽しませたい!という気持ちがあるならば、まず一歩新しい事にチャレンジしてみて欲しいです。




・人の声だけで出来る
・アンプラグドにも対応できる

これってスゴいこと。なんてカジュアルで、なんて自由で、なんて身軽なんだ!!
思い楽器を設置したり背負ったり、コンセントがないと音が出ないとか、手で持つのでどうしても両手塞がるとか、そういったプレイヤーからすればめちゃくちゃ羨ましいことばかり!!


この利点をもっともっと発展させて、手足を使って出来ちゃえるいろんな可能性を紙に書き出して欲しい!!いやぁたくさんありすぎますね。例えば…うーん…


どこかの人の群れに紛れててもバレない とか…
あ!曲中にお色直しも出来ちゃうネ!(⌒▽⌒)


ライブスペースに愉快なアカペラグループがもっともっと参入してくれると嬉しいです。

私は、いろんな可能性を感じるような、どこかで面白いアカペラグループが生まれるような、そんなキッカケとなるお手伝いが出来たらいいなぁと思っています。

アカペラのコミュニティを作ってくださっているれんとさんには、集まる方々が一層楽しめるよう、iikAmo - a cappella ver.-に終わらず、アカペラでやったらステキそうなカバー曲の譜面も寄贈しにいきますね!

現在ご移転の準備で大忙しのご様子ですが、オシャレな新店舗とのことでとても楽しみにしております♪


posted by pesmi | 10:31 | - | comments(0) | - |
PC contents

pesmi LIVE
10/13-pesmi@Ark
11/4-PESMI&PICCI&桑っち@Ark
11/30-pesmi@MO:GLA

※12月〜1月中旬はお休みします。
月毎詳細決定分はこちらCrick


MAIL to pesmi (非公開)


@uteha_pesmi




iikAmo制作レポ























Tシャツを作っています。


CRAZY SOULT 1st mini album
"璃born"
サイドメニュー用
視聴・入手方法




MAIL to pesmi (非公開)



Search this site