右サイドのスペースに載せているコンテンツは
PC版からご覧いただけます。
5/26「hyougen vol.1」pesmi ライブレポ
お越し下さった皆様、素敵な出逢いの数々に感謝です!!

そしてこの企画を立ち上げてくれた下辻くん、Arkのマスター&しずかちゃんに感謝いたします。こんな面白いイベントに呼んでいただいたこと、本当に嬉しく思います。



このイベントは多ジャンルのアーティスト・表現者によって構成されたもので、
コンテンポラリーダンス
前衛書道
朗読劇
映像と音楽
ミュージカル







などなど、盛りに盛り込んでくれた一夜でした。広く芸術が好きな方々にとっては本当に嬉しいイベント。こんな企画がもっと増えればいいのに。



みんな表現方法は違うけど、やってる事は一緒だったりするんですよね。だから、ステージ上で見えていない或いは聴こえていないでもその奥底に秘めているものが見えた時に発信者と受信者との波長が合い、密かに「心」で通じ合える時間がたまりません。


10組の出演ということで、今回会場準備はオープンの6時間前から始まっていたとの事。下辻くんの本番のトリの頃にはもう、会場入りしてから9時間以上経っていたそう。これまでの進行を務めていきながらも、本番も心地よく斬新な音と光の演出で楽しませてくれました。





私は前日5/25のクッキージャーライブに引き続き風邪によるハスキーボイスで本当に申し訳なかったです。
しかも5/25での酷使がモロに響いて更に声が出ず、だけど諦めたくなかったので本番ギリギリまでシュミレーションしてみましたが、「裏声が全く出ない」「地声のC以上が出ない」ことがわかってやむなく曲目変更をしました。このイベントだからこそ歌いたい曲があったのにそれらを削るのは残念でした。まぁ自分が悪いんですけどね…

今できる事を出し切ろう!と覚悟を決めた本番ですが
またもやあたたかいお客さまに支えられ、救われながらのステージ。










薬のせいか、喉の粘膜同士がくっつくんじゃないかという程カラっカラで、まさかの水を用意していなかったため、奥のカウンターに居るしずかちゃんにお水をお願いしたら、しずかちゃんが汲んでくれたお水を→聴いてくださってる方がステージまで運んでくださいました。・゜・(ノД`)・゜・。




なんなんだこの物語のワンシーンみたいなショットは!!!(//∇//)
明石さんさすがダンサー。お座り姿が美しい…

明石さん&かなこさん、心温まるおもてなしを逆にしていただきありがとうございました。


あらためていろんな角度から自分を見つめ直すことも出来た夜。もっと視野を広げ、成長しなければと思いました。

posted by pesmi | 17:49 | ライブレポ | comments(0) | - |
5/25 Kyle Vincent Japan Tour2018-o.a.PESMI&PICCIライブレポ


まずは
皆さんに風邪、移してないでしょうか…


一年ぶりにカリフォルニアから来日されたカイルさん、Japan Tour最初のライブ会場となった倉敷クッキージャーにて
今年もオープニングアクトで出演させていただきました。カイルさん、クッキーの松枝さん、今年も呼んでいただき本当に感謝!!そしてこの日PICCIことぴっちゃんは有休を取ってくれていました!!



そんな有難い日を迎えようとしている中、私ったら数日前から風邪をこじらせてしまい、めっちゃ練習したいのにもやもやしながら安静にしていました。ボーカルにとって一番避けたい喉の風邪。

今思えば当日、咳がおさまっていたのは不幸中の幸い。時折、声にもならないようなカッスカスのハスキーボイスで覚悟を決めて参加させていただきました。
本当に皆さまごめんなさい!!!


会場入りし、久しぶりに再会したカイルさんに風邪をひいたことを伝えると、カイルさんはすかさずのど飴をくださいました。。・゜・(ノД`)・゜・。
これからツアーが始まるカイルさんに風邪を移すわけにはいかないので、私と同じマイクを使わないなどの配慮も必要。

同じくo.a.でご一緒したTA:KAKOのカコさんにも、のどを気遣ってオススメのお茶など教えてもらいました。
大人の雰囲気でしっとりと、カバーやオリジナルで癒してくれました♪タカさん、カコさんお疲れ様でした!!






PESMI&PICCIのステージが始まって




ぴっちゃんは声にせずとも
奏でるギターで、いつも以上に私を支えてくれようとしているのがびしびし伝わりました。これホントなんです。わかるんです。すごくあたたかい気持ちに包まれました。

そして歌い始めると声の異変からでしょう、お客さんは一曲目から手拍子をくださって
ヤバい!!私の気持ちの方が皆さんに追いついてない!!!と、奮い立たせてくれました。応援ありがとうございました!!!

当日の発声はいつもと違って、一声一声ぶ厚い和紙みたいなものを突き破りながらじゃないと声にならない感じ!!

無茶をすればそのあとドッとお釣りが返ってくるのも経験上わかってるけど…全力出し切りました!!





カイルさんのステージは今年も
いわゆる「音楽を聴かせるところ」と「会場を沸かせるところ」みたいな、抑揚のあるパフォーマンスであっという間の2時間!!?
カイルさんってご自身が楽しい事をやりたくてワーーーっと盛り込んだ結果、まんまとお客さんを巻き込んじゃってる感があるのが素敵(まぁそれが計算だとしても、それはそれでスゴい!)。カイルさんの魅力はなんと言ってもあの伸びやかな美声ですが、ピアノとギターとカラオケ(自称"Karaoke Kyle"笑)に加え、今年はsaxを持参し、照明落としてすんごいリバーブかけてガラッとムーディーな演出もありましたね(=´∀`)



久しぶりのクッキー、久しぶりの土居ちゃんPA。心地いい空間&気持ちいい音響で贅沢な時間でした。
そして土居ちゃんが「明日のライブ、これで頑張って!」と、漢方薬をくれました。あぁぁありがとうぅ:;(∩´?`∩);:

またよろしくお願いします!!!


posted by pesmi | 17:30 | ライブレポ | comments(0) | - |
トロんボーーーーーーん天国
先日12日、通称"おかトロ"こと「岡山トロンボーンフェスティバル」に行って来た!年に一度しかない。いや、年に一度だけでもこんな凄まじいイベントが地元であるってのは超ラッキーな事!!



トロンボーン吹きって
だいたい変わり者です。笑

そんなトロンボーン好きが集うわけですから言っちゃえば変わり者の宗教団体の儀式みたいなひとときも(笑)。

そして至る所が不思議な光景。
トロンボーンケースの大群とか異様。


トロンボーンはとても音域が広い楽器なのでベースパートからメロディーパートまでをトロンボーンのみで演奏でき、トロンボーンアンサンブルの演奏がたくさん拝観できるのも、おひとりおひとりで違う音色の個性を楽しめるのも、こちらのフェスならではだと思います!

76本のトロンボーン」という曲があるんだけど、これを100本超えのトロンボーンが大合奏。もうギャグですか!!!笑笑
でも、こういう事をやっちゃう岡山トロンボーン協会さんが好きです。


おかトロ協会幹部である高校ブラスバンド時の恩師には毎回会えませんが、トロンボーンマニアの先輩方と久しぶりに会えたし、先輩方のアンサンブルも聴けた(〃ω〃)相変わらずの美音&巧さに惚れました…!!





トロンボーンは まず音色とカタチが好き!がまず第一にあがるんだけど
楽器の中で最も人の声に近い楽器と言われていて、そこに魅力を感じている。
それだけに…声並みに音程を外すことも簡単で( ̄▽ ̄)
カッチリと音程を取るのが難しい。


同じ楽器でも奏者が変われば音が変わるとよく言うけど、管楽器はお腹の中から管の先までが楽器なのでその違いの差は大きい。
管楽器は息や指だけでなく、歯並びとか口周辺の骨格、口内のパーツのレイアウトとか唇の厚みなども音を発生する部品たちになる。

その、管楽器本体と身体とを連結している部分が吹き口=マウスピースだけど、楽器に既に付属されていた、ザ・平均サイズのマウスピースで管楽器をはじめた方々がほとんどではないでしょうか。

私もそのひとりで、その頃はマウスピースへの関心などほとんどなければ、いろんなカタチのマウスピースが市販されていることすら知らなかった。だから「上手く吹けない=100%自分の練習不足」と思う他なく、そのまんま20年くらいやり過ごしていましたね。( ;∀;)


身体と楽器を繋ぐところ・唇との接点だから、楽器本体よりもマウスピース選びって大事なんだなぁと言うのをマニアの先輩が気付かせてくれました。

うん…で、この世界にこだわり始めるときっと一生終わりがないわ。自分にぴったりフィットする入れ歯に出逢うくらいの爽快感・No違和感ってのをマウスピースに求め始めるんじゃないかな。





で、話はおかトロに戻しますが
このフェスで凄いのは、全国の製造会社・輸入業者がこの日におかトロ会場に来てくださって、100本超えのマウスピースと何十本ものトロンボーンが展示・販売され、それらがなんと試奏し放題なのです。
新しくトロンボーンを買おうかな、今使ってるマウスピースを他のに変えようかな、という方々がこの日をずっと心待ちにしてたんじゃないかと。

何かしら自分の決意固めが出来る。
それだけの濃厚な情報がギューーーッと詰まった会場ですからね!!




私はやっと、この歳になって
マイマウスピースを探りました!

100本以上のマウスピースを順番に吹いていくわけではありません(笑)。
今使ってるマウスピースで演奏してる時の悩みをお店の人に打ち明けてみました。「じゃあこちらとかはどうですか?」
渡された型番を試奏してみて、口当たり(径の大きさ、厚さ、丸さ)、吹いた感じ(音色、発音のレスポンス、音域)などの違和感がどの部分か、快適なのはどの部分かを伝える。で、お店の人に好みに近付く型番を探って出してもらう。

そしたらマウスピースちょうど5本目くらいの試奏で、口に付けた時点で
「うわっ!」
と声が出るほどの今まで味わったことのないフィット感に出会えました!!すごいですね。出会うときってこんな感じなんですね!!!!!


で、せっかくの試奏パラダイスなので見た目が個性的なマウスピースや自分が選んだものと真逆のタイプのマウスピースを吹かせてもらいました。 トロンボーンは同じでも自分と相性の合わないマウスピースにチェンジすると音は悪いし思うようにコントロール出来ないんだ!!という絶望感も味わえました。


マウスピース選びの大切さ。
身を持ってやっとわかりました。



私がトキめいたマウスピースは、更にゴールドとシルバーの2択がありました。
この違いはビジュアルだけじゃなくて口当たりが違います。表面の処理がツルッと滑らかで動きやすい(金)orざらっとしてロックがかかる(銀) なんですが、これも好みでわかれるそうなんです。
私はずっとシルバーを吹いていたので比較もなにも滑ることがいいのかどうかもわからなかったんですが、見た目は断然ゴールドで。
数十分、かなり迷いました。
金か銀か…金か銀か…金か銀か金か銀か金か銀かキンカギンカ…を頭の中でずーっと連呼、
どうやらその脳内リピートで体力を使ったみたいで、帰宅したときはグッタリしていました(;´Д`A 笑


私を迷宮入りから救ってくださった、山梨からはるばるお越しのマウスピース専門店ウィリーズさんに感謝です!!!!!


posted by pesmi | 20:17 | - | comments(0) | - |
PC contents

pesmi LIVE
6/9-pesmi@ジプシーローズ
6/23-pesmi@れんと
8/4-MANE SEA(サポート)
8/19-pesmi@ORiON
9/30-PESMI&PICCI@防風林

※7月〜8月中旬、11月中旬〜1月中旬はお休みします。
月毎詳細決定分はこちらCrick


MAIL to pesmi (非公開)


@uteha_pesmi




iikAmo制作レポ























Tシャツを作っています。


CRAZY SOULT 1st mini album
"璃born"
サイドメニュー用
視聴・入手方法




MAIL to pesmi (非公開)



Search this site